2012 / 04 / 02 ( Mon )
女将だより
その①
お早うございます。女将だよりの時間がやって参りました。いよいよ新年度です。
十和田・八甲田ゴールドラインも開通し、例年より2~3m高い雪壁が現れました。
31日のウォークは、雨降りだったので皆さん風邪などひかないようにと、祈って折りました。
気温も低かったので、さぞや温泉が気持ち良かったろうと思います。
湯上りの一杯の味も格別なことでしょう。
その②
ここ、八甲田国際スキー場では、この週末八甲田ファイナルカップ(キッズからマスターズ迄)が行われ、ゲレンデも駐車場もお手洗いも大変混雑いたしました。
31日は雨とみぞれ、視界不良でタイムも伸び悩んだのですが、1日日曜日は朝から眩しいほどの陽ざし。
太陽のパワーを全身に受けての素晴らしい大会日和となりました。
マスターズの商品には八甲田リゾートホテルのペア宿泊券も仲間入り。来年はあなた様も参加してみませんか?
大会アナウンサーの私のだみ声がゲレンデ中に響き渡り、それはそれは賑やかでございます。
この大会は、選手、父兄、競技役員、友好団体、自衛隊有志等、多くの皆様に支えられ、運営しております。
競技役員達も、かつて選手の時代を多くの先輩達に支えられ過ごしてこられたのでしょう。
ジュニアを見守るまなざしは、とても温かく、スポーツが育んだ精神の強さがこちらにもひしひしと、伝わって参ります。
ジュニアがより良い環境で腕と技を研き、受けた思いを又、次の世代へと伝えていかれるのでしょう。
頑張っている子供たちをこれからも見守って行けたらいいな!!と、微力ながら思っております。
その③
八甲田の雪は現在、山頂駅周辺4m20cm、リフト3m50cm。
今年は、5月いっぱい滑走可能との見通しです。でも、スキー場の社長さん曰く、お客様の方が、5月になると「スキー」という気持じゃなくなるそうです。
「今年は¨ばんばん¨滑れますよ~。」「八甲田さ、来(こ)いへ~。」
「来(こ)いへ~」とは「来てね」という津軽弁です。
スキーヤーは、スキーの気分が抜けてしまってもボーダー達は、まだまだ元気です。ボーダー用のプレイスペースは、これからもっともっと賑やかになることでしょう。皆様のお越しをお待ち申し上げております。
その④
私達の仲間である「おさむさん」の悲しいあの日から明日でひと月。除雪も終わって(春なのに・・・)「そろそろ顔みせるかなぁ~」なんて、思ってしまうこの頃です。
真黒に焼けた顔に白い歯を「ニッ!」と見せる春の山男達。
その中にもう彼の姿はありません。二度と豪快なあの笑い声を聞くこともできないのです。でも、きっと山の中で迷っていたら、その人には「こっち、こっち」と手招きする「おさむさん」の姿が見える事でしょう。・・・
その⑤
長々と書いて参りましたが、そろそろ本日の物語も終わりが近づいて参りました。
皆様はどんなお気持で新年度を迎えられたのでしょうか。
まだまだ、あの日を思い出せ!忘れるな!と、日本はぐらぐら揺れております。
私達にとっても、辛く、長い一年でした。
今年こそ、今年こそ、希望に満ち溢れた良き時間がたくさんありますように・・・。

   陽はさす、我らが頭上に
   瞳の輝きは、未来を見つめたり
   
   仰げよ、我らが恩師、我が友よ
   今、旅立ちの時を迎え、満ち溢れる喜び
   海のように、広い心を持ち
   いつも朝陽のように、ありたい

   陽はさす、我らが頭上に
   今日も、我ら頭上に、陽は輝けり

35年前、学校の式典次第のオープニングにあった誌です。もしかしたら、記憶が少し違うかもしれません・・
ごめんなさい。

                                        女将だよりでした。



スポンサーサイト
11:55:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
----

昨年の10月に利用したときにはコインランドリーが使えなく不便でした。
来週にも行きたいと予定しているのですが使えますか?
昨年の春スキーは滞在中の4月7日深夜の地震で大停電。やむなく急遽帰宅。
4泊の予定がちゅうだんされ月末にリベンジでした。 
今年も雪も多く楽しみでです。
by: keiko * 2012/04/07 09:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hakkoudaresort.blog72.fc2.com/tb.php/960-cf55b58d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |