スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
2012 / 01 / 23 ( Mon )
落ちたぁ~(受験生の皆さん、気にしないで下さい)!
雪や、つららが、ものすごい地響きとなり「ゴオ~ッ」と音をたてて、地面とお友達になりました。巾3m程のつららは、大きく成長して地上にくっついていたので、とても心配しておりました。
館内のお客様からも「わぁ~っ」と歓声がありまして、地震と勘違いされなかったかと恐縮致しております。
建物裏手の人気(ひとけ)の無いところに、一気に雪煙りあがり、ムービーでお見せできないのがとても残念です。
ちょうどその時、正面アプローチには、三八五観光バスが来てまして、「もしや、正面も落雪したら車がつぶれてしまう」とお伝えし、被害の及ばぬところへ避難していただきました。
昨夜、ご常連のお客様から「いやぁ~、ママ、ブログ読んでるよ~、楽しみにしてるよ!」と言って頂き、嬉しい限りです。
週に一度は、書き込むようにしているのですが、市内のお店を行ったり来たりで・・・移動時間(およそ120分)の分がちょっと、もったいないなぁと思うのです。でも、この120分は、色々と頭の中を整理するには都合の良いお時間で、なければないでちょっと、寂しいかなぁ~・・・・。加齢と共に記憶力が弱って来ているので少し余裕がある時は「ちはやふる~」と、百人一首の復唱を楽しんだりもしています。そう云えば、どこかのお孫さんが、百人一首を「百人家族」と呼んでるそうです。おぼう様やお姫様が100人、なんとも豪華なご家族ですね。
私が小学校の頃は、お正月と言えば、凧揚げか、羽根つき、こままわし、百人一首、そしてなん云っても、はずせないのが「雪かき」です。北国の子供にとって雪かきは、雪遊びです。ただし、本当に幼少期に限りであって、小学校の高学年位になりますと、そこのお家の除雪隊の大切な戦力としてかりだされることになります。
幼少期は「ふかふか」の雪の上に沈むようにはしゃぎ、両手で雪をすくいあげては、結晶に差し込む太陽のきらきらした輝きにうっとりとする・・・ 握っても握れない厳冬期には、雪玉遊びがなかなかできずに、もどかしかったものです。
ここ3日程の暖気で雪もしまり、積雪は40㎝程下がりました。
あっ!!あっ!! たった今降ってきました。中粒程のサラサラ雪です。ただ今時刻は23日8:50です。

                                          女将だよりでした
スポンサーサイト
10:54:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女将だより | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hakkoudaresort.blog72.fc2.com/tb.php/953-8d96e101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。