女将便り
2016 / 01 / 02 ( Sat )
お早うございます。
1月2日朝、西の風5m昨夜はほとんど降らず薄す曇のスタートとなりました。
昨日、元朝の地元新聞紙に、ミステリー作家の、湊さかえさんのエッセーが載りました。
本年8月11日より施行の「山の日」制定によせてのエッセーはタイトルが気に入りました。
なんと「山は歩を温かく迎える」!!
『エッ?私』と思わず読み込んでしまいました。
長めの作品なので回想部分は省略し、一部、抜粋致します。

国民の祝日「山の日」の制定にあたり、八月に祝日ができるのは嬉しいけれど、登山には興味がないなあ、と感じる方がたくさんいるのではないでしょうか。しかし、登山者に人気のある山だけが山ではなく、登山を推奨するための祝日でもないと、私は思います。
家から毎日見える山、地元に帰省する際、その山が見えると、ああ帰ってきたなと感じる山、子供の頃に秘密基地を作って遊んだ山、そういった山々に思いをはせ、自然に感謝する日ではないかと思うのです。
とはいえ、登山もたくさんの人たちに楽しんでいただきたい。地続きの別世界に自力で足を踏み入れる。これが、登山の楽しみではないかと思います。また、山は寛容な存在です。日常生活において、目標に向かって必死に努力しても、すべてが報われるわけではありません。運に恵まれなかったり、他者からの妨害があったり、自分の実力に限界を感じてしまったり。
しかし、山は一歩一歩進んできた人を温かく迎えてくれます。その頂を踏ませてくれます。頂から眺める自分が歩いてきた道は、努力のあとであり、今後の自身ともなります。もちろん、時には引き返さなければならないことも、頂上が見えているのに、あきらめなければならないことだってあります。しかし、山はそこにあり続けてくれます。何十年の時を経て、再挑戦することもできるのです。
そして、成功すれば、また、次の山に登りたくなるのです。
一番好きな山を答えるのは難しい。だけどおそらく、頂を踏むことができた高く険しい山ではなく、心の中にある故郷の山なのだと思います。

まもなく10:00、リフトの食堂で新年のお餅つきが始まります。
是非いらして下さい。
それでは、私もお手伝いに行って参ります。

女将だよりでした。
スポンサーサイト
10:48:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女将便り | ホーム | 女将便り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hakkoudaresort.blog72.fc2.com/tb.php/1101-403939de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |