スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
女将便り
2016 / 01 / 01 ( Fri )
明けましておめでとうございます。
年の瀬は、110cmの積雪で幕を閉じ、明けて、申年28年、第一日目は快晴、スキー日和です。
①昨年を現わす一文字は「安」でした。
皆様はそれぞれ「安」から何を想像されますか?。
「安心=あんしん」とは、心配がなくなって、心が安らかな事、不安のないことを差します。
「安心=あんじん」とは、信仰によって、心を定め、心が動かない事。阿弥陀仏の救いを信じ、極楽浄土に至る事を願う心を差します。
四字熟語に「安心立命=あんしんりゅうめい、あんじんりょうみょう、あんしんりつめい」という、言葉もあります。
これは、天命を悟って生死利害をを超越し安らかな心を持つ事を云います。
安産、安住、安全、安息、安打」、安泰、安定、安堵、安寧、安穏、安眠、安楽・・・・・・・
どうか本年が皆様にとって心安らかに過ごせる良き年となりますように、お祈り申し上げます。

②11月に知覧の戦争記念館を尋ねました。きちんとした書体での家族への手紙・・・涙が止まりません。
10代後半から20代前半の青年達がどのように時代を駆け抜けていったのか?。
出発までの数日間を基地で過ごす、そのお世話をされた、知覧女学校の生徒の手記を収めたCDが売店にありました。
本当は思いだしたくない辛い時代。
けれども、今、語り継がなければまた、あの不「安」の時代が来るやも知れぬと。
戦争を知らない世代に呼び掛けているその音声は、心の奥底に響いて参ります。
どんな時代にも戦いはあります。
けれども、手にすべきは、武器ではなく、ペンであったり、ラケットだったり・・・・
唇にのせるのは、ののしる言葉ではなく、素適な挨拶や歌声であるべきでしょう。
死ぬ為に戦うのではなく、生き抜くために戦う。できれば戦いではあるけれど、戦うという言葉ではなく、競い、高め合うという言葉が似合う、そんな1年になってくれると嬉しいです。
今年の7月には、18才以上が参加する参議院の選挙があります。「安」という文字が似合う世相を作り出すことが出来る、そんな議員の誕生を望みます。

昨年、青森県に寄港した大型客船は22隻、今年は北海道へ新幹線も延伸、中国杭州便も飛ぶ事になりました。
昨夜の降雪は、たった5cmで空を見上げながら「雪、雪、降れ降れ」と祈る、元日の朝。
良き年でありますようにと願いながら、本年第一号の女将便りをお届けします。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

                                                           女将便りでした。


スポンサーサイト
09:27:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女将便り | ホーム | 女将便り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hakkoudaresort.blog72.fc2.com/tb.php/1100-dcc768f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。