女将便り
2014 / 04 / 28 ( Mon )
桜満開と云えば、観桜会ともうひとつ受験!!
めでたく進学された皆様おめでとうございます。
先日、センセーショナルな新聞記事を発見致しました。
皆様は、「高校教師、我が子の入学を優先」という記事をどうご覧になられたことでしょうか。
「事前に校長の許可をもらい、生徒にもプリントで告知済みというが、新入生の組担任としての責任感は如何なるものか。学校長はおそらく一度は説得したものと思うが、何故、この休暇を認めねばならなかったのか」等々が、今後、物議をかもしそうです。
この、「わが子」は、自分で通学できないほど、心身の障害があるとか、もしや、開示できない諸事情があるのかもしれない。では、担任を引き受けなければ良いのか?と、いうと、学校の員数の問題から、それも困る・・・
掘り起こせばなるほどという理由があっても、記事や情報は大概ただ一面で(一方向)から見ているということも多い為このように賛否両論が沸き起こったのだと思います。わが子には(と自分にも)優しい母(仕事を休んでも、入学式出席)。生徒(クラス)には、入学式にも出てくれない無責任な担任。この記事から見えてくるのは、そんな姿です。この先も、遠足や運動会など行事は多々あります。この次はどうするのでしょう?。
ここまで報道の扱いが拡散すると、学校としても今回と同じように認めるわけには・・・・。
もしや、参観日、PTAのお集まりの日程がかぶれば、担任不在のクラス懇談会となるのか?
父兄の中には、同じく教師がいるかもしれないし?
同業の聖職者として、我が子を預けるに足ると判断してくれるのか否か・・・・
何よりもあなたの生徒が、あなたをどう判断するのか、怖くはなかったのかと、少し不思議に思います。
いかに大切な我が子の入学式ではあっても、私用に他ならないわけですし・・・
「う~ん、ムズカシイですね。」小母方リケジョの論文にも議論が熱いです。
ほんの些細な(はずの)判断ミスが一生をつぶしてしまうのでしょうか。
働く女性は少しくらい、母親失格のようなところがあっても、我が子は多目に見てくれるものです。
人間失格とならぬよう、わが身に言い聞かせる、そんなニュースでありました。
少し熱く語ってしまいましたが、女性二人について気になるので、ご紹介させていただきました。
弘前公園は、8分咲き、八甲田は2mの残雪です。今週もお元気で・・・
                                             See you
スポンサーサイト
10:06:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女将便り | ホーム | 女将便り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hakkoudaresort.blog72.fc2.com/tb.php/1081-726787b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |