スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
女将だより
2014 / 03 / 30 ( Sun )
去る3/21.3/23の2日間。友人の子息夫婦が市内の元映画館でオペラ「夕鶴」を披露しました。
彼らのコンサートでは、既にその圧縮バージョンが幾度か演じられているので「つう」の「通」なファンが足を
運んだことでしょう。
余り大きくもない映画館という狭いスペースでの上演は、さまざまに不自由な規則があったりし、それを逆手に
とる策を練ることも又、楽しみのひとつではなかったかと思います。

その会場は、青森駅ほど近くあり松竹の映画をかける劇場でした。当時、同じビル内には、みそカレー牛乳ラーメン
のお店やたこ焼き、お好み焼の店、今でいう「しまむら」「アスティ」などという安価路線のレディースファッション
のブティックが入っておりました。夏休みのアニメ上映には多くの家族連れで賑わっていたと記憶しています。

郊外型のシネマモールが出来はじめ、旧市内の映画館は、激減。今や一件を残すばかりとなりました。
その一件もけっして混んで云えません。大物ではなく見ごたえがある隠れた作品をかけてくれる。
まさに映画好きのご主人のセンスを感じる大好きな小劇場です。
時折、落語を掛けてます。もっと市民に足を運んでもらい、いつまでも灯であってほしいものです。
 やはり私にとっての忘れられないのは映画「八甲田山」。あの頃は中学生でしたから、まさか今日、自分が
八甲田に住まいするということなど想像もできません。何度も見たんです。VHSもDVDも求め100回以上
数えきれないほど高倉健様を見つめ無口でニヒルで決断する勇姿にうっとりして参りました。
一時、パソコンの待受画面も健様にしておりましたが某ゲストにいたずらされゲスト夫婦の画像にすりかえられていました。誠に無念であります・・・。
今だ雪の八甲田は、幾度も、その行く手をさえぎり、時には、命を奪っていきます。
しかし、当時(明治)に比べれば、装備や通信環境は格段に整いました。
失った命、横断の実績が、その後、新たな山行の研究に生かされ、山はぐっと身近なものになりましたが、山行とは、行って帰って来るまでのことを言います。
行く為には、幾度も帰ってこなければなりません。
挑むのではなくがっぷり四つに組み、仲良く歩むものと思います。
自然と知恵比べをしても、人は神ではなく、あらかりすべてをもちません。
どうぞ、皆様、山の声を聞き、山と共にあるべきを楽しんでください。
全ての皆様に必ず「ただいま」と、帰館していただきたいのです。・・・
昨日、今日と八甲田山カップファイナル、そして26年度の初戦が行われています。
下はジュニア、キッズの幼稚園から上はマスターズの79歳迄。年の差なんと74年位でしょうか。
皆さん、とてもお元気です。
特に子供達のはつらつとした笑顔に癒やされます。
又、60~70代の方々の酒の強さに感動!!
健全な心は、健全な肉体に宿ると申します。
ここちよい運動の後に、温泉、酒ですから、まずいわけがございませんが、とにかく皆さん気持ちよくグラスを空にして行かれ、明日の試合、大丈夫かしらと、少々心配です。
どうぞお怪我のないように。
又、両日共に、スラロームコースではスノーパークを無料開放しています。
ソチオリンピックではたくさんのニューフェイス(ボーダー)メダリストが誕生致しました。
ボード入門の子供達も全国的に増えています。遊びに来てみませんか。
今後も様々なイベントを企画していますので、八甲田パークのhttpで情報確認して下さい。
それでは皆様、また一週間、お元気で。
女将便りでした。


スポンサーサイト
11:15:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | 女将便り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hakkoudaresort.blog72.fc2.com/tb.php/1077-faa9cdcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。