女将だより
2014 / 03 / 10 ( Mon )
もうすぐ春がくるのかなぁと、思っていたら、時ならぬ雪に列島はびっくりしているようです。
卒業式シーズンだけに、おめかしされた母親の皆さんも、おしゃれの変更をせまられているのではないでしょうか。
八甲田は新雪を頂き、大歓迎!!あまりゲレンデが固いと楽しさも半減するのでホッと一息ついてます。
今日も夕方から一斉除雪の予定。
もっと降ってと夜毎、空を見上げております。
(ちなみに、昨夜の降雪は45cm。ここ4日で1m50cmも恵まれました)
リーマンショック以来、下降線をたどっていた景気が、少しは回復してきたのでしょうか。昨日、駅前の新町通りで、労組の合体デモ行進、連合青森のシュプレヒコールが高らかに響き渡っておりました。
寒い中、本当に皆様お疲れ様でございます。
不景気だからなのか、好景気上昇中だからなのかは不明ですが、近年、日本では「ようこそJAPAN]とか「観光」とか「外国人客誘致」という言葉をよく聞くようになったとは思いませんか?
我が青森県も同様です。韓国との直行便(AIR)もあるのですが、国交の緊張感からか、あまり客足がのびているようには感じません。
しかし、国内客の消費が上がらなければ他国に依存するのはビジネスとして当たり前のこと。
常々、業界は他国(よそ)に目を向けています。
本年4月、青森市の青森港、新中央埠頭に米国の大型クルーズ客船「ダイヤモンド プリンセス」の初寄港が、ほぼ決まりました。
入港時の風速8m/以下、接岸速度7cm/S以下という条件が揃えばという限定決定ではありますが、喜ばしいことです。
長さ340mの当該埠頭の岸壁の内、着岸可能な水深が確保できる水域は315m。入港の際、船体前後の余裕が10mずつしかない為、際どい操船が必要で、安全性の担保という側面から決定が遅れておりました。
この度、検証機関である、海上保安部や気象台から条件付きとはいえ「GO]が出たので、上陸客が、市中、近隣町村へもたらす観光収入へ大きな期待を寄せています。
ダイヤモンド プリンセス号の定員は、乗員、乗客合わせて4000人余。この他、一目船を見たいという方や、操船技術を見たいという方達できっと我が町は大賑わいでしょう。
ちなみに、13年度、青森港に入ったクルーズ船(客船)は、述べ19隻、過去最高です。今迄で一番大きい船は「サンプリンセス」(全長260m、7万7千t)今度のダイヤモンドは全長290m、11万6千tです。
私共の八甲田リゾートホテルと致しましても、オプションの市内観光に「八甲田空中散歩(ロープウェイで山頂往復)と昼食」というのがありまして、寄港人数が増えるのは、大歓迎です。
第1回寄港予定は4月28日、その後年度内に8回の予定があるそうです。
尚、最終入港の可否判断はもちろん船長に委ねられますが、天候不順の場合は直線で3km程離れた所にある、450m級の沖館埠頭に誘導するそうです。
全国で過熱するクルーズ船の誘致合戦。
行政や関係各位皆様に頑張っていただき、是非、八甲田にも足を運んでもらえる様、努力したいと思います。
4月28日、八甲田は、まだ多くのスキーヤーがエンジョイしていますから、きっと、暖かい国の方はびっくりされることでしょう。
皆様も、昼間はスキー、夜は夜桜見物と乙な春を楽しんでみませんか?

それでは、また次週!!
女将便りでした。 
スポンサーサイト
10:10:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女将便り | ホーム | 女将だより>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hakkoudaresort.blog72.fc2.com/tb.php/1073-d275cc90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |