スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
女将便り
2017 / 01 / 01 ( Sun )
2017年元日です。
明けましておめでとうございます。

昨年も仕事に家事に読書にと励み、いつも変わりない1年を過ごして参りました。
もちろん、悲喜こもごもの細やかなニュースはありますが、今朝を元気に迎えられたことで良し!!
午前4時頃には、ホテルの事務所から満天の冬空を見上げ、小さな幸せを味わっておりました。

前日は、昨年の仕上げの一冊となった「断固として進め/作:江上 剛」の読後感想を述べてみたいと思います。
実話を元にした作品で、モデルとなっているのは富士フィルム。
デジタルカメラへの移行期、企業としての、人としての挑戦のお話です。
サブタイトルは、前の帯にかかげられて、「変われる者だけが、生き残る」でありましょう。
5000人のリストラにふん切る、当時の社長の苦悩から物語はスタート。
技術が進歩し、新たな未来(商品)を迎えるとそこには、企業の生き残りをかけた必死の努力の結果として、価格競争がおきる。
進歩とは、過去の否定であるという大変厳しい意見を柱に、そこからどう進化(深化)していくかという疑問を投げかけています。
富士フィルムは、化粧品と医薬品の分解に進出し、大成功をおさめるというセクサスストーリーなのですが、この物語にもう1本の
柱を発見しました。
それは登場人物である富士フィルムの社員達の口元からあふれでる老子や孫子の思想です。
危機を乗り越える強い心を育てた『我々が見続けているのはフィルムではなく「信頼」です』と云いきる社風。
タイムリミットを定め、商品開発に励む彼らの心には「タイムイズマネー」の精神が染み込んでいます。
『時間は有限だ。この時間という資源だけは他のものに代替できない。石炭が無くなれば石油に替えることはできるが時間だけはそういうわけにはいかない!』と記されています。
また、ある若手研究者は社内広報室の支援をとりつける為、孫子の兵法を引用しました。
「戦士で勝利を得るための五つの重要なこと」というあまりにも有名な部分ですが、この五つ!「道」、「天」、「地」、「将」、「法」を若手研究者は、かようにかみくだき説得しております。

1、「道とは君主と国民を1つにさせるもののこと。これは大義である。大義がない戦いは単なる略奪でしかない」
2、「天とは季節、気候などの自然界の事象のこと。経営で言えば、経営危機や好景気などの経営環境。好景気に浮かれず、経営危機に尻込みせず。」
3、「地とは戦う土地の状況。顧客の信頼などの経営基盤のことを考える」
4、「将とは将軍の人材。文字通り企業における人材のこと。」
5、「法とは軍制ではあるが、経営では組織のこと。その構成員のモラールすなわち意欲、闘う意志」

孫子はこの5つについて、将すなわちリーダーは誰でも知っているが、その者を深く理解しているものは勝ち、深く理解していないものは勝てない。
大義のない戦いは勝てない。
勝つためには危機ごとチャンスであると大義をかかげ、人材を駆使して戦いに挑むのだと…。

また彼は、尻込みする仲間(先輩)を叱咤するにこんなことを言います。
その仲間が「会社の為に頑張って使い捨てにされるのはもうごめんだ」と言うと、「私は使い捨てにされても一向に構いません。でも会社という大きな組織を使って自分のやりたいことを実現する。そんな爽快な達成感を味わえれば、私は使い捨てにされても構いません」
親子ほども年下の後輩にそう切りこまれてはたじたじになったことでしょう。

様々な業界が生き残りをかけ合従連衝したり、他業種へ進出していく思考錯誤の時代。
本年をどう生きるか(私としても、会社としても?)考える指針となる素適な一冊に出逢えたことに深く感謝し、新年を迎えました。

皆様にとって本年がおだやかな1年でありますように。今年もどうぞ宜しく御願い致します。
スポンサーサイト
17:48:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
女将便り
2016 / 11 / 28 ( Mon )
皆様、お元気ですか。
八甲田に雪が舞い降りてきました。
いよいよ、スキーシーズン到来です。
本日11月28日、午前9:00から、リフトを運転しています。
雪質は、この時期にしては、良好です。
是非、初滑りにいらして下さい。
16:09:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
女将便り
2016 / 11 / 18 ( Fri )
こんにちは、さぼりっぱなしの女将便りですが、過日、こんな素適な投稿をいただきましたので、おひろめさせて下さい。
2016・11月宿泊の、とあるご夫婦からです。
八甲田は既に一面冬景色ですが、心があったかくなりました。

「快適にのんびり過ごすことができ、とても満足しております。
宿泊時は浴衣が苦手なため、部屋着兼用のパジャマを持参しているので、冬季は特に無駄に荷物がかさばり、おおげさな鞄になってしまうのですが、こちらのホテルは作務衣が用意されていたので夫婦二人、とても助かりました。
夕食は、片面全面の大きな窓から見える月を見ながら料金以上のお料理を楽しむことができ、朝食もちょうど良いお品数でどちらも美味しくいただきました。
一番満足したのは、温泉です。
宿泊一週間ほど前から腰と片方の肩甲骨が痛み出し、座っている時と、特に運転している時が一番辛かったのですが、現在、とても楽になっています。
泉質とゆっくり入れる温度が私に合っていたようでとても感謝しております。
ただ一つの希望は、ラウンジでホットコーヒーが無人でも手軽に飲める(音の出る料金箱を置いて)サービスがあれば嬉しいですね。
また利用させていただきたいと思っておりますが、春スキー・ねぶた祭り・紅葉の時期は予約が難しいようですので、その合間にまたお世話になります。
ありがとうございました。」

この投稿に感謝して、スタッフ一同、これからも頑張ります。
皆様も、どうぞ、一度いらしてみて下さい。
14:58:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
女将だより
2016 / 04 / 30 ( Sat )
こんにちは
久々でございます。
昨日は雪が降りました。
近隣は 氷点下 2.5℃。。。。
この時期に24時間で 12㎝ の降雪でした。
雪が少し締まり、ゲレンデも黒ずんだ斜面から
真っ白
お色直しを終え、ニュースを見たスキーヤー達が
さっそく集まって参りました。

北国青森と言えども 今年は花便りが既に届き
一部では散り始めております。

10月末の紅葉と雪も中々ですが
桜と雪は珍しいだけに
「ビックリポン」の一日でございました。

そろそろ雪解け。。。。
高山植物と山菜達の出番がやって参ります。
新年度も一月(ひとつき)たち忙しさも一段落!!
いよいよGWですね。
お体ご自愛の上、存分にお楽しみ下さいませ。

末尾ではございますが、熊本で被災された皆様に
遠くより お見舞い申し上げます。
私達も東日本大震災からようやく5年。
前を見て生きております。
15:22:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
女将便り
2016 / 03 / 03 ( Thu )
今日、3月3日はお雛祭りです。
小さな頃は、玉子の殻に色付けをして顔を、ヤクルトの空を胴体の芯にして、折り紙で着物を着せて・・・・など、毎年、様変わりの人形を作り楽しんだ思い出があります。
もちろん、ひしもちも折り紙で作りました。
現代はいろいろな種類も有、手ごろな値段のものも(たとえば雑貨等)沢山出ていますね。
でも昔は、何十万もするというイメージがあり、とても親にねだれるものではありませんでした。
幼い頃、ひな人形を飾っていたら、もう少し女性らしくなったのでしょうか。
飾ってないのだから、もちろんしまいしまい忘れてもいないのだけれど、今だ嫁ぐ事を知らぬ、女将のひな便りです。
ごきげんよう♪
20:56:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。